合気道 大阪武産合氣會(大阪吹田)
広島武産合氣會(広島東広島・福山)
高松武産合氣會(香川高松・丸亀)

《武産合気会五常會案内サイト》

各期初心者体験教室開催    掲示板・案内を参照下さい

http://www.aiki-dou.jp/i/
携帯版は<こちら>

        ※旧携帯端末専用



  序
◆ 合氣道は御祓(清め)の心で臨む魂魄の武道です。体術、剣術、杖術、呼吸法など美しく気品溢れる体技を修得し、姿勢矯正、美容健康、更には適度な運動であること等、日常の全てに有益です。しかし最も重要なのは稽古に伴う平生の精神修養。真の美は内面より滲み出すもの…。正しい心の在り方、日本の源たる惟神を知ることが、現代社会に生きる我々が明るく往く道への標と為ります。◆    
                ≪合氣道そして日本の源を護ります≫

 (上記合氣道文字クリックでメインページへ)


<合気道語録> 武産合氣道

合気道の原理
 合気道は古い武術の集成ではない 体技と呼吸を修め真澄に到る
御祓の技 精神修養が第一
 合気道を真に修めたものはその身に、心から染みだす美と気品そして慈愛が垣間見えるもの
 真の合気道を修めた者は居ながらにして周囲を教育 浄化する
合氣に接するが教化育成之道 生成化育 修理固成が合氣の諭え
この國を表し守り育むが合気道
武産合氣道が世の暗闇を祓う 武産合氣は魂の剣
真の武道である
世へお返しするが合気道 萬有愛護が合氣の本道
合気道修行とは煉瓦を一枚づつ積むが如し
苦を楽にするが合気道
合氣の道は小戸の神技
人の七情を性(サガ)と諦めるな 情を乗り越え操るが合気道
美しい心と身体を目指さずば合気道とは云えない
表の術を覚えるだけでは山の位には立てず、心は貧しく小さなまま
鎮魂 呼吸法と共に腹造り度胸造り致さねば、ただの芸者
術者・芸者は見かけだけの案山子(カカシ)に過ぎない




【武産合気道の意義】
武はワ(和)、産はムスビ(産毘)、一個人にすれば禊ぎとなる。
武産合気道はカンナガラ(惟神之道)を前提とし、
惟神之道とは神と人とは別ではなく、神格と人格は一つであるという教え。
キリスト教等の一神教では神格と人格は別だが、ヤオヨロズ(八百万)の神々の住まう
日本に
産まれた合気道の原理は神人合一。
つまり身体を支配するのが心であり、心を支配するのが神・良心。

噛み   (かみ   噛み付いて離れない)
隠れ霊  (かくれみ 隠れて見えない)
限り霊  (かぎりみ 限られた力)
光霊   (ひかりみ 光で現れる)
駈けり霊(かけりみ 駈け抜ける)


神の言霊は、カ(駆け抜ける力) ミ(霊)




王者之武道 合氣道 惟神之道武産合氣会五常會
ようこそ 武産合氣道へ /武産合氣会入口









http://www.aiki-dou.jp/